副業の確定申告について

バレたくない副業をしている人で会社員の人は確定申告についてどう思っているのでしょうか?
会社の中には副業がNGの会社も少なくありませんし、NGではなくてもあまり副業をしている事は
会社にバレたくないと思っている人が多いのではないでしょうか?
会社にバレないように、会社から離れた場所でバイトしていたり、また在宅で出来る仕事であれば知り合いに見られる
心配もないと思っているかもしれませんが、会社の人に副業をしているのを見られなくても副業がバレて
しまう可能性はあるのです。それは住民税です。住民税は会社から引かれているから自分で支払う事がないため
あまり普段は意識していないかもしれません。

本業だけなら確定申告も会社が手続してくれるので何もしなくていいですよね。
しかしながら副業をすると収入が増えるので住民税の金額が上がります。そうすると確定申告の手続きをする
会社の総務担当者にはこの人去年と給料の金額が変化していないのに住民税の金額が上がっている、他に副業で稼いでいるんだと
一目瞭然になってしまうのです。

では副業はしたいけど会社には副業をしている事をバレたくないという人はどうしたらいいのか?というと
副業を特別徴収ではなく普通徴収に切り替えて、その代り副業分の税金は自分で確定申告をして支払いにいく、
本業と副業の確定申告を全く別にする事で会社にはあなたが副業で収入が増えたという事がバレずにすみます。

多少面倒に思われるかもしれませんが、確定申告もネットから手続きが可能になっていますから、
年に一度の事ですし、払いすぎた税金は戻ってくるかもしれませんから、キチンと自分で確定申告を行いましょう。

確定申告を考える

確定申告在宅ワークをすることで、本業とは別に副収入を得ることができたり、収入にプラスしてお小遣いを得ることができます。
在宅ワークを続けて来て、かなり長く仕事をしているという人も多いのではないでしょうか。
そこで気を付けたいのが、一年に一度ある確定申告の制度とその手順についてですね。

どこかの会社に所属をしている場合は、会社のほうで行ってくれるものですが、在宅ワークということになると話が違ってきます。
在宅ワークとしても、どこかの会社との契約で仕事をしていることになるので、会社のほうでやってくれる場合もあります。
しかし、たいていは個人事業主という形で考えられるので、自分で確定申告をしなければならなくなります。

仕事をしている企業から、源泉徴収などが送付されてきた場合、それを添付して提出をするようにしてください。
それが無い場合には、毎月ごとの収入をしっかりと記入して報告をしなければなりません。
少しの金額だからといって申告をしないのではなく、確実にしなければなりません。

会社によっては、必ず源泉徴収を送ってくることばかりではないようです。
こちら側から申請をしなければならない場合もありますので、時期が近づいてきたら意識しておきましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.